ネットカフェのアルバイトなら「快活クラブ」

ピックアップ

広くて快適な店内の「快活クラブ」

清潔で広く明るい店内

「快活クラブ」は他のネットカフェチェーン店に比べて、店内が明るく清掃も行き届いています。壁や床にシミや汚れも見られず、トイレもいつも綺麗です。他の照明が薄暗いチェーン店では、汚れが見えなかったりダニが潜んでいたりもします。カーペットが無いのでアレルギーを持っている人でも安心して過ごせます。カーペットがあるにもかかわらず、掃除機を使っているところを見たことが無いチェーン店などもあります。また店内にBGMを流すことが、女性客やビジネスマンの集客に一役買っています。

高レベルな接客

チェーン店のほとんどではあまり店員の教育に力を入れていません。多くのアルバイトは、よくある受付の業務と決まった通りに清掃を行うのみです。社員とアルバイト間での格差が大きかったり、受付のカウンターでおしゃべりしてお客さんの迷惑になるような店も中にはあります。「快活クラブ」の場合、店員が手持ち無沙汰になることはなく、ドリンクバーの周りをこまめに掃除したり粘着ロールで床のごみを取ったり、本棚の整理をしたりと常に業務をこなしています。
接客についても、お客さんにきちんと目線を合わせて笑顔で応対している店員が多いです。千葉の支店では、領収書の発行がスムーズに行かなかったお客さんに対して、翌日再び訪れたその人に一言謝ってから業務にあたった店員もいました。ここまで店員の接客レベルが高いのは「快活クラブ」だけといえます。本社では店舗と同じように作られた研修施設があり、正社員は半年ほど研修したのち現場で実際に働き始めます。ちなみに、店内でお客さんとすれ違う時にあいさつするのは「快活クラブ」のみです。食器を返却する際にも奥から声をかけてくれます。

分かりやすい料金体系

ネットカフェのチェーン店では、その多くが入店した際に「通常料金」と「パック料金」のどちらかを選ぶようになっています。例として、2時間利用なら「最初の30分の料金プラス、10分の料金×9…」などいちいち計算して、3時間のパック料金と照らし合わせる必要があります。
最初の30分が260円で10分毎に70円のお店なら2時間では890円となります。とりあえず2時間の通常料金で入店したものの、超過して2時間20分経ってしまったらどうでしょう。料金は1030円になります。3時間のパックが1000円であればそちらの方がお得となり、延長で利益を得ようとする商法では信頼関係が築かれずお客さんは離れていくでしょう。「快活クラブ」では、全店「自動パック制」を採用しています。これは退出した時点で一番安い料金が選ばれるので損をすることがありません。煩わしい計算も必要なく安心して利用できます。

快活クラブ

ネットカフェ業界の常識

仕事の中身を紹介
仕事の中身を紹介

ネットカフェのアルバイトってどんな仕事をするの?という学生さんに、ネットカフェアルバイトの仕事内容を紹介します。

マンガが読み放題?
マンガが読み放題?

マンガ読み放題のアルバイトなんて、ネットカフェぐらいでは?マンガ好きのアルバイト先はネットカフェ一択です。

ダーツ好きならハウストーナメント
ダーツ好きならハウストーナメント

ダーツのハウストーナメントを開催するネットカフェもあります。趣味がダーツという学生にはたまらないのでは?

豊富なアミューズメント設備
豊富なアミューズメント設備

進化し続けているネットカフェですが、最近は女性やグループ客のニーズに応えてアミューズメント設備も充実しています。

職場の雰囲気が解る「バイトーク」
職場の雰囲気が解る「バイトーク」

ネットカフェのアルバイト求人を探すなら、アルバイト求人情報サイト「バイトーク」がおすすめです。

発祥の地は名古屋
発祥の地は名古屋

ネットカフェのルーツとなったマンガ喫茶は名古屋が発祥の地です。喫茶店が多い名古屋ならではのアイデアが始まりです。