ネットカフェでアルバイト!趣味のダーツを活かそう

ピックアップ

ダーツ好きならハウストーナメント

ダーツのハウストーナメントとは

お客さんがよく集まるネットカフェでは、定期的にダーツの大会を開催することがあります。それを一般的には、「ハウストーナメント」と呼びます。普段ネットカフェを利用しているお客さんとダーツを楽しむことができ、大変楽しいイベントになります。通常は、お客さんの仕事が休みである日曜日や土曜日の夜に開催されることが多いようです。
また、毎月定期的に開催するネットカフェもあれば、不定期のイベントとして開催することもあるようです。ダーツの内容もダブルイミテーションのトーナメントとするところもありますし、ラウンドロビン方式のトーナメントを採用するところもあります。以下にその種類を紹介します。

ダブルイルミネーションとは

基本的に全員が同じトーナメントに属します。相手に勝てばそのままトーナメントを勝ち進みますが、負けるとルーザー(Loser)側のトーナメントで試合をすることになります。そこで負けると終了となります。ウィナー(Winner)側のトーナメントとルーザー側のトーナメントの優勝者が最後に決勝戦を行って最終的な勝者を決めます。トーナメント形式ですが、一回負けても最低もう一試合はできるので初心者でも参加しやすいでしょう。なお、ウィナー側の優勝者が決勝戦で最初に負けた場合は、もう一試合できます。試合数が多くなるので大会時間が長くなるデメリットがありますが、よく行われる試合形式です。

トーナメント方式の一つで、1度負けてしまってもルーザーサイドと呼ばれる別のトーナメントに移行し、所謂「敗者復活戦」が行われます。

ダーツハイブから引用

ダーツハイブ

ラウンドロビンとは

4チームほどのブロックを作り、そのいずれかに所属してスタートします。各チームで総当り戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出します。最低試合数が3ゲームとなり、たくさん試合をしたい人には人気の形式です。決勝トーナメントに進めなかった時点で帰ることもできるのでドライな参加のしかたができます。

大会形式の一つ。まず、参加者をいくつかのグループに分け総当り戦を行う。各グループの上位が決勝トーナメントに進める。

ダート・ワールドから引用

ダート・ワールド

ネットカフェでのダーツ大会のメリット

ネットカフェで開催される大会に参加することのメリットはたくさんあります。まず、たとえ試合に負けたとしてもネットカフェの代金を払っている以上は、空いている台で練習ができます。もちろんドリンクなどは飲み放題ですし、ダーツに飽きたらマンガを読んで過ごしてもよいでしょう。有名店にはダーツプロを招いた大会もありますので、ダーツが趣味な人にとっては貴重な体験になることでしょう。また、そのようなお店でアルバイトをしていればダーツプロと話をすることだって夢ではないのです。

ネットカフェ業界の常識

仕事の中身を紹介
仕事の中身を紹介

ネットカフェのアルバイトってどんな仕事をするの?という学生さんに、ネットカフェアルバイトの仕事内容を紹介します。

マンガが読み放題?
マンガが読み放題?

マンガ読み放題のアルバイトなんて、ネットカフェぐらいでは?マンガ好きのアルバイト先はネットカフェ一択です。

ダーツ好きならハウストーナメント
ダーツ好きならハウストーナメント

ダーツのハウストーナメントを開催するネットカフェもあります。趣味がダーツという学生にはたまらないのでは?

豊富なアミューズメント設備
豊富なアミューズメント設備

進化し続けているネットカフェですが、最近は女性やグループ客のニーズに応えてアミューズメント設備も充実しています。

職場の雰囲気が解る「バイトーク」
職場の雰囲気が解る「バイトーク」

ネットカフェのアルバイト求人を探すなら、アルバイト求人情報サイト「バイトーク」がおすすめです。

発祥の地は名古屋
発祥の地は名古屋

ネットカフェのルーツとなったマンガ喫茶は名古屋が発祥の地です。喫茶店が多い名古屋ならではのアイデアが始まりです。